四季工房だけが行う手間ひまかけたオリジナルの家づくり

株式会社四季工房 手間ひまかけた家づくり

header_pic

h2-2

極上の檜風呂ができるまで
無垢板9畳分を贅沢に使用した、木の香り豊かな浴室

四季工房は「良質な木材づくり」に徹する

日本人が「リラックスするためにやりたいことは?」と問われてまず思い浮かべるのは、お風呂に浸かってくつろぐことではないでしょうか。できれば温泉。お風呂場は檜でできていたら、もう最高ですよね。檜の優しい香りに包まれ、肩まで浸かって溜息をつけば、身も心も癒される……そんな場面がたちまち想像できます。そんな極上のリラックスタイムを自宅でも味わえたら、一日のストレスをその日中にしっかり洗い流すことができるだろうと、新築やリフォームのタイミングで、木のお風呂を取り入れたいと思う方もいらっしゃることと思います。

pic0

しかし木でできた風呂を自宅に設置するというのは、簡単なことではありません。費用が高く、カビやヒビ割れから風呂を守るメンテナンスが大変です。とは言え、防カビ処理がされている製品では、木材に化学薬品が使用されているため、木の香りや質感といった醍醐味を失ってしまう可能性があります。それでは本末転倒です。
檜風呂を夢見て工務店等に相談した結果、こうした数々の問題にぶつかってしまい、結局はユニットバスで妥協してしまうという方も少なくないと言います。

そこで、四季工房はそんな憧れを実現するべく、開発を進め、ついに檜風呂を標準仕様に取り入れることに成功しました。しかも、接着剤によって何枚かの板を組み合わせてできた集成材ではなく、一本の木から切り出した無垢板をふんだんに使って作り上げたのです。壁と天井で使用し、二重に張った厚い無垢板の面積は4.5坪分。その量は、床に広げると9畳にもなる計算です。まさに、贅沢なリラックス空間となりました。また、手入れが心配される下地にも無垢板を張ることで、より高い断熱性と防湿性が期待できる仕様になっています。無垢板は、木の板であるにも関わらず耐熱性に優れており、その効果はコンクリートの約2倍とも言われています。周囲の温度にも影響されにくいため、夏は涼しく、冬は暖かい環境をつくり出してくれます。
さらに、表面を化学系塗料ではなく、植物性のオイルで仕上げているため、入浴しながら檜の香り、質感――木の良さをじっくり堪能していただけます。そんな極上の風呂を一つ仕上げるのに、かける時間は6日間にも渡ります。それは、職人さんたちが幾種類もの仕事をこなし、丁寧に仕上げるから。
そしてついに、浴室だけでなく浴槽までもが檜でできている正真正銘の檜風呂「ほの香」の開発に成功しました。
長時間の使用に耐えられるオリジナル浴槽で、再塗装の際は特別価格でご依頼いただけます。
では、次のページから、標準仕様の「檜の浴室ができるまで」をご紹介します。